評判の高い分譲住宅は最新情報からチェックしよう

規制のある地域と建築

住宅模型

住宅の高さが決まっている

今から住宅を阪和線で建築する時にちょっと知っておくと良いことがあります。戸建てには法律で高さが決まっているため、法律外の高さを設定することが出来ないのです。ではその高さとはどんなものなのかというと用途地域ごとに設定があって、それぞれの地域で違います。3階建ての住宅を建築するのであれば第一種低層住居専用地域に注意しておきましょう。また第二種低層住居専用地域もあるのですが、これらのものは名前の通り低い住宅を建築できる地域になります。中くらいから高い建物を建築するのであればこれら以外の地域にしないとだめです。また手前の道路斜線から斜めに線を引いてその高さを超える戸建ては阪和線では建築できないためこれも気をつけておきます。

平屋なら大丈夫だから人気

平屋は日本では古くから使われている住宅構造で2階建てではなく1階建ての住宅になります。非常に低い戸建てなので規制の厳しい地域でも意外と簡単に作れるメリットがあるので人気です。また平屋を造るときにはある程度の土地の広さがあったほうが便利といえます。阪和線で売っている大きめの土地を購入して建築すると良いでしょう。規制を免れることができるだけでなくその後のリフォームも優れています。間取り変更がしやすいので家族が増えたときも安心です。老人のいる家庭だと階段の昇り降りがきつい人もいます。しかし平屋なら階段がないので家の中の移動も楽です。使いやすさを考慮した戸建てを阪和線で作るなら平屋を検討してみるといいでしょう。